スペイン紀行

スペインあれこれ

足元を見て歩くと。

新しい「0地点」です      ORIGEN DE RAS CARRETERAS RADIALES、スペイン・マドリーのプエルタ・デル・ソル自治政府前の歩道に在る「0地点」、日本で言えば日本橋になりますね、最近街で見かける外国人(主に白人)がマンホールの蓋を写真に撮ってる場面を見かけます、私も日本では撮る事は少ないのですが海外では昔から撮ってます、この写真は約20年前に取ったもので、10年ほど前に新しい物に取り換えられました。

カナダのマンホールの蓋、ナイヤガラのものです。

これは何処で撮影したか記憶にないのですが、ハリウッドで撮った物と勘違いして載せてしまいました。

イタリア・トリノで撮ったものです、日本の色鮮やかなマンホールの蓋は珍しく、海外ではシンプルな物が多いですよね、海外からの観光客が日本のマンホールの蓋を写真に撮る気持ちが解かるように思います。

スペイン・マドリーのマンホールの蓋ですが、これとマッタク同じデザインでサイズも同じものが土産物屋に売ってます、私の自宅の玄関マットに今も使用しています、玄関ドア―を開けるとそこはマドリー。

スペイン・テンブレケのマンホールの蓋、以前も「TEMBLEQUE」の題名でアップしたラ・マンチャの小さな村、小説ではドン・キホーテの出身地と推察される村ではないか?と思われます。

日本ではバレンシア・オレンジで知られるバレンシア、バレンシアはオレンジで有名ですがパエジャの本場、スペイン第三の大都会で工業と陶器でも有名です。

ホアキン・ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」で有名なアランフェス、正式なスペイン語の発音は「アランフォェス」、首都マドリーから50キロほどの所に在り、スペイン王室の宮殿が在る処で有名と言うより、アランフォェス協奏曲の方が有名かも?、スペイン・ギターのトレモロが流れる街。

コチニージョ・アサド(豚の丸焼き)で有名なセゴビア、ローマ水道橋でも有名ですがディズニーのシンデレラ城も人気ですね、マドリーから1時間で行ける観光地です。

アンダルシアを代表するコルドバはメスキータで有名ですよね、セビージャに行く途中に立ち寄ってみては如何でしょう?。