スペイン紀行

スペインあれこれ

大学の街サラマンカ

サラマンカのお奨めレスタウランテ「Casa Paca」マヨール広場を出た処に在ります。サラマンカはマドリー・アトーチャ駅からレンフェで2時間半ほど、私はサンティアゴ・デ・コンポステラからの帰り少し滞在したのですが、リオ・トルメスに沿って広がる静かな街、セルバンテスやコロンも学んだ大学が在る事で有名な街です、日本では北条時宗の時代(1220年)にはサラマンカには大学があったのです。

カサ・パカは入口が2カ所あり、正面角から入るとレスタウランテ、正面左側入口から入るとBARになっています。

アビラも近いのでアビラ牛、脂身が無く赤身ですが柔らかい、スペインのバカ(雄牛)は美味しいですよ。

スペイン語でパンはPAN(パン)、このパンは私の嫌いな種類。

マドリーを朝出発して10時半にサラマンカに到着、レンフェの駅から歩くと中心のマヨール広場まで少しあります。

マヨール広場はアメリカ映画「バンテージ・ポイント」にも使われた綺麗な広場、マヨール広場には歴代の有名人がレリーフとして飾られています、残念ながら私に解かるのはセルバンテスとコロンくらいです。

広場正面は細かなレリーフが施してあり見応えがありますよ。

サラマンカ大学の前のあるカサ・デ・ラ・コンチャス(貝の家)

カジェ・デ・サン・パブロにはBARも並んでいます。