スペイン紀行

スペインあれこれ

オレンジ色に染まるバレンシア

写真はCarrer de Xativa(シャティバ通り)から闘牛場を写しています。


スペイン第三の都市バレンシア、マドリー・バルセローナの次に人口が多いのですが、バルセローナから比べるとかなり田舎の感じはします、一年を通して穏やかな気候で住みやすい街だと思います、地中海の港町なので海の幸が豊かで、米どころなのでパエジャと言う料理が出来たのでしょう、スペインは別名「ウサギの国」と言う様にconejo(ウサギ)が多く、メルカドにはお肉屋さんでウサギが普通に売られています。


さて、バレンシアって観光する処ってあるの?と質問を頂きます、私はいつも沢山有りますよとお答えします、お奨めは仕事柄「国立陶芸博物館」(Museo Nacional de Ceramica)でしょう、カテドラルにはヘスス(キリスト)が最後の晩餐に使った聖杯があります、忘れてはいけないのが「ラ・ロンハ」(中世の取引所)とその前のメルカド、セラーノスの塔・クアルトの塔・ミゲレテの塔等々、訪れてみる価値はありますよ。


夜のプラサ・デル・アユンタミエントやカテドラルからクアルトの塔へ続くカジェ・デ・クアルト、夜の美しさは写真の通りオレンジ色に染まる街です。



バレンシアと言えば?

バレンシア・エル。パルマル(パエジャ村)

日本人にはスペインと言うと遠い西洋ですが
バレンシアと聞くと思いつくのがオレンジですよね
最近では日本にもスペインBARがアチコチに出来て、スペイン=パエリア
とイメージされる事も多いのですが、パエジャはバレンシアの郷土料理なんです、稲作の生産地でもエウロパでは有名なんですよ


本来魚介のスープにお米とウサギのお肉で炊いた素朴な料理なのですが、日本で知られているのは魚介類をふんだんに使った豪華なパエジャが主流、バルセローナやマドリーのレスタウランテで食べるパエジャは、見た目が豪華で薄い色の炊き上がり、本場バレンシアのパエジャとは少し違うかも?。


バレンシアの滞在時間に余裕が有る様であれば、お勧めするのがエル・パルマルでパエジャを召し上がってください、私がお奨めする店は「El Graner」ですね~、時間に余裕がない場合バレンシア市内のマルバロッサ海岸に行くと、ネプトゥ通りに美味しいパエジャを召し上がれます、お奨めの店は「Las Carabelas」か「El Coso」が良いでしょう、もしバレンシアにも寄れない様でしたら、バルセローナ美味しいパエジャを召し上がれるお奨めの店はバルセロネータに在る「Can Sole」ですね。



タイルについて。

先ずはバレンシアから。

バレンシア・エスタシオン・デル・ノルテ


私はタイルに関わる仕事をしております、スペインに行く事になったのもそもそも仕事絡みだったのです、当時KLMオランダ航空に乗りスキポールでトランジット、バルセローナに着きエウロメット(高速鉄道)でバレンシアへ、バレンシアで一泊して迎いの車に乗り工場のあるカステジョン・デ・ラ・プラーナまで行く事に。


英語は学生時代6年間に習った記憶は在るのですが、もちろん聞く事も話す事など全く出来ません、スペイン語など未知の言語で聞くのが初めて、そんな無謀な状態でスペインへ行った事に今思い出しても赤面するばかりです。


カステジョン・デ・ラ・プラーナはバレンシアから海沿いに80キロほど北に位置しています、エウロメット(高速鉄道)の止まる駅も在るのですがバレンシアに到着が夜になったため、タイルメーカーがバレンシアにオテルをレセルバ(予約)していた為バレンシアに1泊する事になったのです、6月のバレンシアは日本と同じ気候なのですが流石に地中海沿岸で、日本の様に蒸し暑くなく湿度が30パーセント気温28度、初夏の頃のバレンシアでは「オルチャタ始めました」の看板やティエンダ(屋台)が出だします、日本で言う「冷やし中華始めました」的な季節の風物詩です。


スペインはタイルで有名なのですが、元々タイルの発祥はイスラーム文化で、レコンキスタまでの800年間イベリア半島はイスラームに支配されていた、その為スペインはタイルの歴史が長く良質のカオリンを含む土壌にも恵まれ、今に続くタイルの生産量の多い国なのです、特に地中海沿いの都市にはタイルで有名な産地が多くあります、有名な所ではバレンシアの近くに在るマニセスやパルテナやアルコラ、機会があれば訪れてみるのもイイですよ。