スペイン紀行

スペインあれこれ

ドゥルシネーア・デル・トボーソ

ドゥルシネーアは小説「ドン・キホーテ」に出てくる、主人公ドン・キホーテの想像上の思い姫ですが、ラ・マンチャにはドン・キホーテは我が村の出身だだの、ドゥルシネーアは我が村の出身だとか言う村があります、ご存じの様にドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャはミゲル・デ・セルバンテスの創作、ドン・キホーテも実在した人物ではないのですが、小説には村の名を特定していないものですから、おらが村の英雄として勝手に名乗り出るところも多く、文学の研究家も勝手にこの村?ではないかと煽るため、ドゥルシネーアが生まれた村だと言うエル・トボソ村まで出てきました。

Museo Cervantino

エル・トポソ村にあるセルバンテス資料館、ドン・キホーテの刊行が1605年だから小説ドン・キホーテの時代背景は14世紀後半から15世紀前半であろう、その頃の生活様式をそのまま保存してある、フェクションのドン・キホーテが実際にあった事の様に感じる、ベット・台所用品・食器などが置いてあり、資料館を見終わった時にはノンフェクションではないかと思うリアリティー。 

ベットの上にある丸い物に柄の付いたのを何だと思われますか?、「おこた」なんです丸い容器に焼いた石を入れシーツを温める器具。

村の入り口に在るドン・キホーテのモニュメント。

ムセオ・セルバンテノに在るアセイツナの絞り機

この時期(5月~6月)に見られるコウノトリの巣作り、コウノトリは春にアフリカからスペインへ繁殖の為に飛来する、カステージャからアンダルシアにかけて古い教会などではよく見られる。

ruta de la Mancha(ラ・マンチャへの道)

ドン・キホーテって?、何でも置いてるスーパじゃないですよ、Miguel de Cervantes Saavedra(ミゲル・デ・セルバンテス・サーベドラ)が書いた小説の主人公の名前、父の名をドン・ロドリーゴ・デ・セルバンテスと言います、ドンと名前の上に付いていますが貴族で有ったかは定かではありません、前のブログにも書きましたが父の職業は医師であったようです、セルバンテスの幼少期は経済的にはあまり恵まれていない様で、前ブログの生家と言うのも疑わしいのではないかと思います。


ドン・キホーテの原作名は「El Ingenioso Hidalgo Don Quijote De La Mancha」(エル・インヘニオス・イダルゴ・ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ)独創的なラ・マンチャの田舎郷士ドン・キホーテ、小説の舞台をたどってみました。ルタ・デ・キホーテ(キホーテの道)の入り口、コンスエグラ

モリノ・デ・ビエント(風車)

ラ・マンチャには代表的な村が存在します、皆さんご存知のコンスエグラやカンポ・デ・クリプタナ、それと此処テンブレケ村テンブレケ村はドン・キホーテの時代そのまま時が止まったような村、日本で言えば織田信長の時代にタイムスリップしたような1500年代に取り残された村。

何も無い村が素晴らしい

風車の丘から眼下に見える村で、村人しか来ないBARでセルベッサを飲みながら、ドン・キホーテを思い浮かべるのもイイですよね。

スペインのメトロは?(地下鉄)

スペインのメトロに私が初めて乗ったのはペセタの時代、今も変わらないのはメトロの乗り口のマーク、赤のひし形にMetroの文字(下の文字は駅名です)、日本のメトロ入口と違うのは入口の上には建物が立っていない、ビルの一階部分にメトロの入口は無く、専用のメトロ入口があるのでよく位置が解ります。

スペインにメトロはマドリーとバルセローナの2大都市だけしか無かったのですが、2011年にセビージャとバレンシアが開通しました、今後次々とメトロが開通するでしょう。

アンデン(ホーム)が極端に狭い3人も横並びをしたら通れない、日本だったらラッシュアワーでは線路に何人か転落だろう、その割にはスペインでもラッシュ時にはスシズメで箱に乗れない場合もあります、メトロは観光客にとって最高のアイテム、インフォルマシオンで路線表を貰うとイイですよ。

日本と違いは区間で料金が違わず、全線均一料金制なので何度乗り換えても大丈夫、その為メトロで変な奴も現れます、突然スピーカーとマイクを持ち込み、流行りの歌を唄い出す兎に角大音響で、乗客は何のリアクションも無しで、次の駅までの間に小銭をせびると駅に付くと隣の箱へ、ある時は突然大声で語り始める「私は今日会社を首になりました・・・」、早口のスペイン語で雑音もあり聞き取り難いのですが、皆さんにお恵みをと熱演した後廻ってきます、そこはカトリックの国なので必ず何某かの寄付をせしめて隣の箱へ、因みにこのサラリーマン風の方滞在中に2度遭遇。

このLiceuと言う駅はバルセローナのランブラに在るリセウ劇場の前の駅、以前はスペインのメトロと言うとイメージが良くなかった、スリだとか置き引きだとか多かったのですが、最近はそんな心配は全くありません、スペインンのメトロほど清潔で安心な交通手段な無いでしょう、旅行者はドンドンメトロを利用してください。


日本との違いを一つ、スペインのメトロは均一料金と書きましたよね、その為ビジェテ(切符)を自動改札口に入れ、通過するとビジェテ(切符)を取ります、出口ではビジェテ(切符)は要りません、そうなんです!均一料金ですビジェテ(切符)は記念に持って帰ってください。