スペイン紀行

スペインあれこれ

話題に付いて 

少し遅くなりましたがスペインのクリスマスについて一言。

先ほどニュースでベッセル・神戸のイニエスタが家族写真をブログにアップしたのだが、その写真に黒塗りをした白人が一緒に映っていた、その写真を見た馬鹿が人種差別と言っているとTVで伝えていた、この馬鹿は無知で差別主義者のレイシストだ。

詳しく説明するとスペインの伝統と宗教が関わっているのです、まずスペインのクリスマスはナビダットと言います、当然12月25日がナビダットなのですが、日本の様にクリスマスプレゼントは25日に子供たちは頂けません、プレゼントを頂けるのは1月6日のレジェスマゴスの日なのです。
レジェスマゴスに東方三博士がラクダに乗ってやって来るからです、東方三博士の一人は黒人で、その黒人役をする人は当然のことながら顔を黒く塗ります。
前出の馬鹿はこれを人種差別と言ったのです、無知で大馬鹿な奴はキット朝日新聞読者であろうと推察できます、嘘と捏造を信じて調べもせず差別と言ってのける。

因みにレジェスマゴスに良い子はプレゼントを貰え、良い子でない子供はカルボン(Carbon)しかもらえません、カルボンとは日本語で石炭と言いますが、本物の石炭ではなく砂糖菓子で黒く色付けしたものです、ナビダッド(クリスマス)と言えばロスコン(Roscon)も忘れてはイケませんね、ロスコンはナビダッド(クリスマス)時期になると、パナデリア(パン屋さん)のウィンドーを飾る菓子パン、綺麗な飾りつけをした丸いドーナツ型をした菓子パン、ロスコンがウィンドーを飾りだすとナビダッドです。

casa viva(万歳屋)でプレゼントを買ってナビダッドの用意。

スペインのナビダッドが近ずくとベレンが飾られます、ベレンとはイエス・キリストの誕生を、人形を使って飾りつけしたものです、駅や商店のウィンドーや教会や公園などで見かけます、最近では日本でも見かける様になりました。

スペインではサンタクロースよりレジェスマゴスの方が人気があります、当然ですよね~プレゼントがもらえるのが1月6日のレジェスマゴスなんですもの、私の居たプエブロ(村)では1月6日にはパレードが有りましたよ。

Plaza de Toros del la Maestranza(マエストランサ闘牛場)

以前も闘牛に着いてアップしたのですが、闘牛が開催される期間はバレンシアのサンホセの火祭り(3月19日)から始まり、サラゴサのピラール祭り(10月12日)までの期間に行われます、なので1月・2月にスペイン旅行をお考えの方行われる期間中でも平日の場合は開催されません、では折角スペインへ行ったのだから雰囲気だけでも見てみたいと仰る方へ。

ミハスやロンダでは入場料を支払へば闘牛場へ入る事は出来ます、お奨めはセビージャのマエストランサ闘牛場はガイド付きツアーがあります、スペイン一美しい闘牛場マエストランサのツアーに参加してみませんか?。

闘牛開催中は観戦する場所により料金が違いますが、ツアーは一律10エウロ前後なので安く上がりますよ、本来ソル(日向)ソル・イ・ソンブラ(日向から日陰)ソンブラ(日陰)と席料が上がりますが、一番安いソル席よりも安く入れて見れない部屋まで見れますよ。

闘牛と言えば牛だけだとと思われますがさにあらず、重要な立役者である馬も出る為開催中には入れない厩舎も見学できます。

闘牛開催時には普通に現地チケット売り場でチケットは買えますが、人気の有るマタドールが出場する場合には売り切れる場合があります、その場合は4日前よりチケットが売り出されます、以前はチケットを入手するにも苦労しましたが、最近は人気マタドールが出場する以外はソル席であれば手に入ります。

闘牛場ツアーはこのプエルタ(門)から入ってチケットを買います。

ガイドが来るまでこちらで集合。

この絵は1999年に描かれたフェルナンド・ボテロの絵です、フェルナンド・ボテロはコロンビア生まれの画家兼彫刻家です、スペイン各地に作品が点在しています、私はボテロが大好きでニューヨークまで作品を見に行きました。

おそらく世界で一番美しい闘牛場でしょう。

中央の女性がガイドをして頂く女性です。

王室の方が観戦される席です。

時計の下は楽隊がエスパーニャ・カーニを演奏する席、どこの闘牛場でもエスパーニャ・カーニは生で演奏されます。

Tablao EL ARENAL(タブラオ・エル・アレナル)フラメンコ

エル・アレナルはセビージャでも私の好きなタブラオです、タブラオの中でも中位の規模で約100席くらいは入るのではないでしょうか、その分団体が入る事も多く以前はほとんどが欧米人だったのですが、最近はアジアからの観光客が多くなっています。

フラメンコはロマ(ジプシーともヒターノとも呼ばれます)の文化で、その独特のリズム感があり、パルマス(手拍子)は難しく私達には中々ついて行けない、バイオーラ(踊り手)の迷惑の何者でもない、支那人・朝鮮人の団体が入っていると調子ハズレの手拍子をする、フラメンコを観る状況ではない為、最近は必ず入場前に確認する事にしている。

マナーとしてバイオーラ(踊り手)が踊っている時には、集中しているためフラッシュは当たり前だがNG、その当たり前が通用しない支那人・朝鮮人、本当にアジア人として人間として迷惑な奴等だ。

写真はショーの始まる前と後に撮れるのだが、守れないバカ者がなんと多いことか。

フラメンコが行われる小屋(劇場)をタブラオ(Tablao)と言いますが、スペイン語でタブラ(Tabla)とは板の事、すなわち舞台(写真右下)の事をさします。

フラメンコを観るなら出来るだけ演者に近い方が迫力ありますよね!、その場合開場の少し前に行き係員に「タブラス・デ・アバッホ」と言えば舞台下に席を取ってくれます。

最近はこんな注意書きも置かれる様になったのですが、支那人・朝鮮人には何の効果もありません。